パソコンの基本情報

  • 快適な漫画喫茶とは
  • アプリ開発ならお任せ
  • コンピューターの内臓に触れて 

    スイッチを入れると、イントロ音とともに立ち上がるコンピューター。「仕組みはどうなっているのだろう。」と思った方は、自作パソコンをお勧めします。意外と簡単です。マザーボードにCPU、メモリ、グラフィックボード、HDDを接続。電源およびケースのランプ類を接続。これでコンピューター本体は完成。あとはキーボード、マウス、モニターを接続し、OSをインストールする。以上で最小限の作業は終了です。パソコンを作成すると、CPUは計算。メモリは記憶。HDDは起動と書庫。というのが体でわかります。もうひとつはパソコンが壊れたとき、どこが異常なのか見当がつくようになります。故障してもパソコンごと買い換えなくてもいいのです。パーツ交換で修理もできますし、アップグレードもできます。興味ある方にはお勧めです。

    コンピューターの仕組み 

    コンピューターの仕組みを簡単に記載します。頭脳となるものは、CPU(中央演算装置)です。計算処理はできますが、記憶はできません。記憶するのはメモリーです。ただしCPUの計算中の一時記憶であり、アクセスは速いが容量は小さく、電源を切ると記憶は消え去ります。電源を切っても記憶を保持するのはハードディスクです。記憶量は大きいですが、アクセス速度は速くありません。コンピューターの計算処理結果を表示するのはディスプレイ(モニター)ですが、映像を出力するのはグラフィックボードです。これら各部品を繋げるのは、マザーボード(メインボード)の役割です。板状の基盤であり、差し込んでつなげます。後は電力を供給する電源装置や、人からの操作を受け付けるキーボードやマウスなどで構成されています。

    コンピュータ,スキル